葛西・西葛西の「オフィスリメイクボディ」根本改善の整体院

私の祖父母は幸いにも認知症にはならずに他界しました。

しかし日々患者さんとお話をしているとやはり、身内に認知症の方がいるなどの相談をよく受けます。認知症ってまわりにいるみんな辛いですよね。きっと本当は本人も辛いんだと思います。

ここで過去に私が患者さんに聞いた認知症にまつわる感動秘話

その患者さんは83歳の女性でご主人が認知症でした。

奥さんの名前や娘さんの名前がわからなくなり、徘徊などもするようになりました。

そして入院し最期を迎える時あれだけ家族の名前もわからなかったご主人がいきなりその患者さんの名前を言い「いろいろと迷惑かけて悪かったな。ありがとう」と言って旅立ったそうです。

 

本当に感動して私もその話を聞いて泣いてしまいました。

きっと奥様が愛情を持って見守ってくれたというのが伝わっていたんでしょうね。

めちゃめちゃいい話だと思いませんか。

 

 

 

 

今回は認知症が改善された患者さんの声を紹介します。

その前に

そもそも、なぜ認知症になるかわかりますか?徘徊をする理由など・・・

これがわかると認知症を防止したり、進行を遅らせる。改善させることまでも可能になるかもしれません。

認知症になる話などはまた次回にしますが、一つ言えることは

薬など意味ない。ということです。

医者がすぐに処方するのは本当に腹立たしいことです。薬が効いていたら認知症ってもはや存在しないことだと思いませんか?なのになぜ今だに認知症の問題は後を絶たないのでしょう。。。。。

・・そういうことです😠

医者は診断名を出し処方することが仕事ですから仕方がないことですが

 

 

 

 

 

 

オフィスリメイクボディ 古屋様

私は認知症が改善されました。私は認知症でした。

そのことに気づいたのは去年の10月頃、ダイエットの前と後の写真を見てです。更年期に食欲をなくして体重が減り、同時に冷え性と低血圧が重なって脳の栄養失調状態が長く続いたことを思い出しました。

掛け算と足し算ができないことにも気づきました。数字が脳から消えていくことに驚きました。

今年の2月に施術中「今月はほぼ歩いていない」と言ってしまいましたが帰宅後日記を見たら、映画を2本も見ていることを思い出しました。

この時、自分の完全な認知症状を自覚しました。頭の中だ真っ白だったことを。

このことをお知らせすべきか、と思いましたが伝える言葉がわからずにいました。頭の中がぼんやりしていて。

3月1日に脳脊髄液のお話を受けて体だけではなく脳の調整も同時に行われていることがわかりました。

去年の感情の高まりや(なぜ話かわからないことを口走るのか不思議でした)

沈み(落ち込んでいるわけでもないのに沈むのが不思議でした)顔の表情がなくなったことも。心の中ではふしぎに思うばかりの日々でした。にもかかわらず言葉を使って表現することができずにいました。失語症のような気分でした。

3月15日に外歩きに出ましたところ春の花々が咲き、草木の赤い芽が私の目に飛び込んできました。重かった心と体が軽くなったように感じました。

そうして数日かけて徐々に頭の中のモヤが晴れて行くように去年から今年にかけての自分のことを考えることができるようになりました。

点と点を繋ぐように ふしぎに思ったことが理解できました。

自分のことを自分でわかることができて嬉しかったです。

古屋さんの明るい言葉と対価な施術は私の心と体にしっかり届きました。

ありがとうございました。

感謝いたします。

失語症も無表情も外歩きと体操と脳トレなど、地道に続けていけばもっと良くなるでしょう。

土台を作っていただいたのですから。

これで老人の坂を下るこわさも楽しみに変えられるでしょう。

70代でダイエット成功した人のように。あの時「なんと勇気のある人」と思いました。見習いたい、とも

ここまでかけてうれしいです。もう大丈夫。

以前友達から手紙を何度かもらいました が、私の返事はいつもハガキに数行でした。文章が書けなくて。

大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

心から感謝しています。

3月24日(9日間頑張って考えました)

IMG_9529

IMG_9530

 

IMG_9531

 

Nさんお手紙ありがとうございました!

 

いつも患者さんを見ていて思うのは、本当になんとかしたい!と思って頑張るから治ってくれたりいい結果が生まれるんですよね。

先生治して〜という気持ちももちろんわかるのですが笑

うちでは、いや!一緒に頑張ってね!というスタンスです。

今日はこんなところで!

葛西・西葛西の「オフィスリメイクボディ」根本改善の整体院 PAGETOP